グラブを持つ腕の動きで球速アップ

森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、しっかり取り組むことで
短期間で球速をアップして、惨敗のピッチャーからチームのエースとして活躍することも
夢ではありません。

pitcher4

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

ピッチャーが追い求めるのはやはり、スピードですよね。
そして、グラブを持つ腕の動きも球速アップに大きく影響を与えます。

 

ピツチングで良く言われることに、グラブを持つ腕がリードすると言われるように、
右投手なら、左腕のグラブを持った腕の引き具合が重要になってきます。

 

両方の左右の腕は、基本的には連動して動くので、左右の肘を肩のラインより下にならない
ようにして、そこからグラブを持つ左腕を自分の体に巻き込む感じで腰の近くにグラブを
引いていくようにします。

 

つまり、腰の近くまでグラブが巻き込まれていく間に何とも言えない微妙な間合いができ、
右投手の場合ならグラブを持った左腕の引きで、ボールをリリースするタイミングを合わせ
やすくなりますし、瞬間的に発揮できる手や足のバネの力なども出て来て、リリースのパワー
がアップしてくるのです。

 

これが球速アップにも繋がるんですね。
そして、自分にとって今投げられる最高の速い球を目指して、目いっぱい努力することが大切
です。

 

実際に自分の投げた球にバッターが空振りをするというのは、ピツチャーにとっての醍醐味で、
誰もが憧れるものです。
その面白さや楽しさは、言葉では言い表せられないくらいの特別なものです。

 

ですので、小学生や中学生のうちはコントロールはあまり気にせずに、とにかくスピードを
磨きましょう。
なお、瞬間的に爆発的パワーを生み出すには、基本トレーニングが不可欠です。
どんな人でも、正しいやり方であれば確実に球速はアップします。

 

しかし、実は、これにブレーキをかけてしまうものが2つあるんです。
この2つを知ることで、トレーニングの効果が最大限に生かされます。
これで球速に伸び悩むこともなくなるでしょう。

球速アップにブレーキをかけてしまう2つの原因をお教えします。

股関節を上手く使って球速アップ

股関節を上手く使って投げていますか?

pitching16

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

股関節を上手く使って投げていますか?
ピッチャーがプレートを踏んだ位置から、実際に投げる時は前に足を踏み出しますが、速いボールを投げるには、股関節を使い足のステップを大きく踏み込んで、体重移動をしっかりすることが大切です。

 

その為、右投手なら、左足をしっかり大きく踏み込むことで威力のある速いボールが投げられ、股関節に体重を乗せるように意識して投げましょう。
ですが、それが出来ずに股関節の動きが小さくなり、踏み込んだ足がつっぱるようになると球速のある威力のあるボールは投げられません。

 

実際に、試合で疲れてきて踏み込みが小さくなれば、ボールのスピードも落ちてくるものです。
そして、投球時の踏み込みのステップの幅は個人差もありますが、自分の足の5足分を目安に踏み込むようにすれば良いでしょう。

 

そして、大きく踏み込むには、股関節の柔軟性が大切になってくるので、日頃から股関節を柔らかくするストレッチなどのトレーニングを行うことが欠かせません。

 

ランニングなどで体があたたまったら、長座の体勢になって後ろかゆっくり押してもらって太ももの裏側を伸ばしたり、足を大きく開いて左右の方向に押してもらい、太ももの横側を伸ばす。

 

また、足の裏を合わせて、開いた両膝を押してもらい股関節の伸ばすなどのストレッチを反動をつけないようにして、じっくり筋肉を伸ばすことが大切です。

 

股関節の動きを改善すれば、ストライド(歩幅)を自然に、そして柔軟に広げることができるようになり、キャッチャーまでの距離を短くできるということに繋がり、バッターが手元で球がグッと伸びるということにも関わってくるのでかなり重要でしょう。

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

 

球速をアップするトレーニング

野球のピッチャーにとって誰しもが憧れるのが速いボールを投げることですね。
バッターにとって一番打つのが難しいと言われているのがストレートです。

pitching16

 

バッターにとって球速があり、ボールに切れのあるストレートが最も打ちづらいのです。
変化球はどんなに凄いと言われる球でも、それさえ狙っていれば打てます。

 

ですが狙っていても、切れのいい球速のあるストレートが来たら空振りをして
しまうでしょう。
これはプロ野球選手でも同じです。

 

球速のある切れのある速いボールはタイミングを合わせたつもりでも、手元で
差し込まれてしまいます。

 

そして、野球を始める時期はそれぞれですが、殆どの人は小学生の頃から始めます。
この時期は体の成長期でもあるので、球速をアップする為の間違ったトレーニングを
してしまうと怪我や故障を起こしてしまいます。

 

中でも多いのが、肩や肘です。
ですが、正しい知識を学び、効果的なトレーニングを行えば球速もアップし、
怪我や故障も防ぐことが出来ます。

 

その為には、柔軟性や瞬発力、力強い理想的な体、そして、投手として長く
活躍する為の怪我をしにくい体を作る必要があります。
ひたすら走り込んだり、ウエイトトレーニングをこなすなど、オーバーワークを
させたり、筋肉が大きくなるだけでは意味がないんです。

 

大事なのは、ピッチングしながらだったり、トレーニングしながら、どこを鍛えて
いるのか、どうしたらもっと鍛えられるのか、と考えながら練習するようにしましょう。

ピッチャーに必要な全てを強化&改善し、球速を140km/hレベルにまで引き上げるトレーニング方法。

肩の強化で球速アップ

ピッチャーが球速のあるボールを投げるには肩と下半身の強化、更には握力、ボールを
離す瞬間であるリリース時の強い指の力が必要になります。

pitching19

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

では、それぞれどのように強化していけば、速いボールが投げられるようになれるので
しょうか?

 

例えば、上腕と肩の筋肉を強化するには、最も手ごろで簡単に出来るのが腕立て伏せです。
大リーグでは肩が強いことを腕が強いと言われるように、腕が強く振れるようになることが
しいては球速アップに繋がるからです。

 

また、遠投などをするのも肩の強化に繋がります。
速いボールを投げるには、滑らかに大きく肩を回転させる必要があるからです。

 

とは言っても、毎日のように遠投ばかりしていては、肩を壊しかねないので、次の練習まで
肩を休められるように日曜日などに行うと良いでしょう。
遠投をすることで、どれだけ肩が強くなったかも分かりますね。

 

更に、肩甲骨など肩の関節お強化も欠かせません。
自宅でお金をかけずに行うには、ダンベルなど使って行うと良いでしょう。
ペットボトルに砂を入れたくらいの重さのダンベルで、大きく肩を回転させたり、上下に
肩を動かすようにします。

 

こうすることで、肩関節の強化はもちろん、柔軟にして可動域も大きくなります。
そして、握力強化は、軟式のテニスボールを使ったり、入浴時のお湯の中で手を握ったり、
開いたりを50回から100回程度を目安に行うと効果的です。

プロ野球選手、有力実業団、大学、高校のチームや個人等、多数実践!投手のしなやかな強い体つくり、潜在能力を引き出す森部昌弘のピッチングスピードアッププログラム(トレーニング)で球速・コントロールアップ、柔軟で強い肩に

胸を張ることで威力(球速)がアップ

トレーニング次第で更に球速をアップすることが出来ます!
森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、球速をアップする肩甲骨や
脊柱の動きを改善するトレーニングをすることで、よりパワーが生まれ威力のある球速の
あるスピードボールが投げられるようになります。

pitching18

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

球速のある威力のあるスピードボールを投げて、バッターから三振をとるということは、
ピッチャーにとって憧れですよね。

 

かといって力任せで投げても威力のあるボールは投げられません。
大事なのは正しい体の使い方をすることで、球速のある威力おあるスピードボールも投げ
られるのです。

 

そして、一番大事なのが下半身です。大きくしっかり踏み込んで体重移動をすることで、
力強いパワーをボールに与えることが出来ます。
上体だけで投げようとすると、いわゆる手投げになってしまい、パワーを生み出すことが
できません。

 

また、ボールの威力を発揮させるには、投げる時に胸を張ることも大切です。
ボールをグラブから出す時に、グラブは前に出し、そして腕の振りと共に、今度は
胸の方に引き寄せて行きますね。

 

つまり、この逆方向への働く力を利用するのにタメをつくるのです。
クラブのある方の肩を後ろに持っていく時に、直ぐにボールを持っている方の肩を回して
しまうとタメを作ることが出来ません。

 

その為、ここでグラブを引き過ぎてしまうとボールに勢いがつかなくなるので、グラブを
引き寄せた時に固定して、直ぐに後ろの肩を前に回していかずに残して、胸を張るように
することでタメを作ることができ、パワーが生まれます。

 

なお、肘や肩が張ったりする人は、肩甲骨(けんこうこつ)が滑らかに動いていません。
この骨の動く範囲を広げ、柔軟にするトレーニングをすることで、ブレーキがかからず
滑らかなピッチングができるようになり、ダメージが蓄積して肩を壊してしまうような
心配がなくなります。

 

また、肩甲骨と同じように、脊柱(せきちゅう)の動きを改善させることで、ピッチング
パフォーマンスを高めるのに有効なリーチの長さを稼ぐことができますし、より体がしなる
ようになるという大きなメリットもあるので、この機会にトレーニングして見ると更に
球速アップに繋がるので、参考にしてみてください!

しなやかな体を作り、潜在能力を引き出すトレーニング

球速をアップする指の力を強化する方法

森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、球速をアップする肉体の
土台作りから始まり、各トレーニングで鍛えられる全てが、最終的に上手い具合に
生かされるようプログラムしてあります。

pitching17

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

球速のあるボールを投げるには指の力も必要ですね。
そして、速い球を投げるには、指をボールの縫い目にしっかりかけて多くの回転を掛ける
ようにします。

 

速い球を投げる人は、腕が良く振れており、ボールを離す瞬間であるリリースポイントで
ボールにかけている上の指と親指がぶっかって音がするくらいなんですね。

 

ボールに回転を多くかけるは、ボールの握り方も大切です。手の平で深く強く握ってしまうと
手首が固くなって回転が掛からず棒球になりやすいので、6分くらいの力でボールを握って
親指と人差し指の間にボールペンが1本入るくらいの隙間が出来るくらいにすると丁度いいと
思います。

 

また、指の力を強化するには、机などの厚い板状のものに、親指は下にして、人差し指と
中指を板の上に置いて、それを強く握って上と下の指がぶつかるまで手前に引くようにすると
指の力を強化できます。

 

ですが、必ずしも指の力が強いからといって速球投手になれるとは限りません。
あくまで最終的には体の各部分が上手くかみ合ってはじめて速い球が投げられるように
なり、球速がアップするのです。

 

ピッチングは下半身から動き始めて、ボールを離すまで全身を使うので、下半身強化は
もちろん、体幹、肩、指の力など、トータル的に各トレーニングで鍛える必要があります。

 

また、全身をいかに連動させて滑らかな動きを作るかということも球速をアップさせるには
大切になり、肩甲骨や脊柱、股関節などの動きを改善させるトレーニングも欠かせません。

 

球速を飛躍的にアップする目から鱗のトレーニング法!

球速をアップする体重移動

森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、球速をアップするのに
欠かせない体重移動をスムーズに出来る為の、ピッチャーとしての理想的な肉体作り(内外)、
体の動き上達(可動性)のトレーニングを具体的にDVDで各項目に別けながら指導します。

pitching16

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

ピッチングで重要なのは、体重移動をバランスよくスムーズに行うことですね。
ですが、速いボールを投げる大リーグの投手の中には、狭いステップで軸足を
伸ばした状態で体重移動をしてるピッチャーをみかけます。

pitching9

しかし、これは上半身の力が強いからなせることです。

 

そして、体重移動を滑らかに行うには、軸となる足の使い方が大切です。
例えば、右投手なら出来るだけ左足を高くあげ、軸足の右足の腿の内側に体重をかけ、左側のお尻を捕手に向けながら踏み出します。

 

同時に右腕を後ろに引き、軸足の右足の膝を軽く曲げて体を沈めます。
ここで、膝を曲げすぎるとステップが大きくなり、体重移動が滑らかにいかなくなります。

 

ピッチングの基本は、下半身の強さであり、いくら腕力や腕の強さがあっても、それを
支える土台である下半身が不安定では上手くいきません。

 

投げるたびに、右に左にふらふらしていればコントロールは身に付きませんし、何より
体重移動がスムーズに出来ず球速のある球が投げることが出来ません。

 

また、試合が進むにつれて疲労がたまり、踏み込みなどが弱くなるようでは、先発完投
できる投手にはなれませんね。

 

下半身を強化し、体重移動をスムーズに出来ることは球速をアップする上でも、何を
おいても取り組まなければいけない最重要項目と言えます。

 

この森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、まず、肉体の土台作りから始まり、各トレーニングで鍛えられる全てが、最終的に上手い具合に生かされるようプログラムしてあります。

 

市販本などには、このような球速アップする為の、トレーニングプログラムは無いと
思いますので、総合的に大きなメリットになることは間違いないでしょう。

球速が飛躍的にアップする理屈とは!?

下半身強化で球速アップしよう!

下半身が強いと速い球が投げられる!
森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムは、投手に大切な下半身強化を
含め、飛躍的に球速アップさせるためのトレーニング法です。

pitching15

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

ピッチャーはどんなに身長が高くても、腕が長くても、投げ方が良かったとしても、
下半身が弱いと速いボールを投げることは出来ませんね。

 

これは車と同じで、どんなにエンジン性能が良くても、タイヤが悪ければスピードが
出ないと同じことです。

 

投手の球速は、肩や腕の筋肉、足腰などの下半身の強靭さが必要になり、このバランスが
とれることで球速がアップするのです。

 

その為、ピッチャーは下半身強化するためにランニングなど走るトレーニングをするのです。
また、走ることはそれだけではなく、短距離でのインターバル走では瞬発力、長距離走では
スタミナをつけることが出来ます。

 

実際に9回まで投げてもスピードが落ちない投手というのは、強靭な下半身があるから
なせることです。
とは言え、ひたすら走り込んだり、ウエイトトレーニングをこなすだけでは、ただの筋肉マン
にしかなりません。

 

この森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムでは、ピッチャーに必要な
下半身強化はもちろんのこと、ピッチャーとしての理想的な肉体作り(内外)、体の
動き(可動性)のトレーニングを具体的にDVDで各項目に別けながら指導しています。

 

そんなピッチャーとして、周りよりも一歩抜きにでた、より速い球速のある球を投げられる
ようになる、怪我をしない理想の体を手に入れたい方は参考にして見て下さい。

信頼と実績の累計販売本数1万本突破キャンペーン中!

ピッチングスピードアッププログラムの口コミをまとめました

森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムを、しっかり
取り組んだ実践者さんから喜びの声が次々と寄せられていますので、
いくつかご紹介しましょう。

球速だけでなく、コントロールもアップしました!
(Mさん 35歳)
会社の仲間と草野球をしています。
肩を強くしたいと思い、チューブトレーニングで肩を鍛えて
いましたが、直ぐに肩を痛めて効果がありませんでした。
コントロールも悪く暴投ばかりで申し訳なく思っていました。

そんな時にピッチングスピードアッププログラムを知り
ました。
初めは半信半疑でしたが、身体の動かし方など森部さんの
解説のDVDをみながら行いました。あまりトレーニングの
時間がとれず、通勤の電車の乗り換えなどの隙間時間に
出来ることを行いました。

すると、以前に比べてコントロールも良くなり、遠くまで
早いボールを正確に投げられるようになり、球速を測って
みると、95から110Kmにアップしました。
もっと早くに知っていれば、もっと楽しく野球をやれて
いたと思います。

3か月で20Kmも球速が上がり、人生が変わりました!
(Kさん 14歳)
このプログラムを実践して3か月になります。
やりはじめる前までは、クラブの練習でみんなに置いて
いかれる感じで嫌でしたが、このスピードアッププログラム
スピードアッププログラムを実践していくうちに徐々に力が
ついていることが分かり、今ではみんなより明らかに実力が
上だなぁと感じます。

しかも、こんな簡単なトレーニングだけで、肩周りや太もも、
腕など、体の色々なところに筋肉がつくなんて思っても
みませんでした。
大袈裟かもしれませんが、森部さんは僕の人生を大きく変えて
くれた人です。

惨敗のピッチャーから、今ではエースとして活躍!
(Oさん 12歳の息子のお父さん)
小学校4年生お息子の為にこのピッチングスピードアップ
プログラムを購入しました。左投げだからという理由で
ピッチャーをやることになりましたが、スピードは遅く、
試合でも簡単に打たれて惨敗でした。

そんなこともあり、藁をもつかむ思いではじめたところ、
子供も素直に取り組み、毎日の日課として続けています。

これまで、チームではへたくそ扱いされ、試合に出ることも
なかったのですが、新しいチームに移籍して現在はエース
ピッチャーとして活躍しています。

球速も65から82Kmと27Kmもアップし、前のチーム
から悔しがられています(^_^.)
息子も今まで以上に積極的にやるようになり、これまで肩や
肘に違和感があったことは一度もありません。
これもピッチングスピードアッププログラムのおかげです。

 

投球と言うのは全身運動です。腕だけ身体の前に出しても速いボールは投げられません。
故障のない、投手のしなやかで強い体を作り、自分の持っている潜在能力を引き出す
正しいトレーニングを早くから行うことが大切です。

 

身体に無理な負担をかけずに、最大の力をボールに伝えることで、球速がアップし制球力も
磨かれるのです。
そして、投球フォームが安定することで、投球に余裕と幅が出て、ピッチャーとして確実に
レベルアップ出来るでしょう。

 

森部昌弘のピッチングスピードアッププログラム よくある質問Q&Aをまとめました

ピッチングスピードアッププログラムをはじめる前には、本当にボールを速く投げ
られるのか不安になるという人が多くいます。

そんな方の為に、ピッチングスピードアッププログラムのよくある質問をまとめました。
Q&Aを参考にして、しっかりと練習やトレーニングにとり組みましょう。

小中学生の自分の息子にもさせて大丈夫ですか?

小中学生からでも実戦可能です。指導者や親御さんは安心して、教え子、息子さん
に指導してあげてください。

生まれ持った肩の強さなどの『才能』や『センス』は本当に関係ないんですか?

このピッチングスピードアッププログラムを実践するにあたり、速いボールを投げることが出来るのかと言った素質があるのかどうかに関しては、全く現時点で思い悩む必要はありません。

プロ選手のように150km/hで投げるのは無理な人もいるかもしれませんが、140km/hレベルであれば、どんな方でも練習次第で投げることは十分に可能です。
今の自分の持っている能力を最大限に引き出すことが大切です。

球速アップ保証(返金保証)とありますが本当に効果がなければ返金して貰えるのでしょうか?

購入後1年以内に3か月以上実践した結果、効果が得られなかった場合、購入金額全額を指定の口座へ返金致します。
その際の送料代金は、お客様のご負担とさせて頂きます。※返金保証は購入日より1年間です。

一般の野球本やDVDと比べて高くないの?

通常、プロのトレーニング指導やコンディショニングの提供を続けて受ければ、かなりの費用がかかります。それを抜きにしても、このトレーニングプログラムは、ピッチングにフォーカスしたプログラム構成になっている上、3ヶ月間専門家からサポートも受けられます。

また、今回ボーナス特典もお付けしていますので、 逆にこの価格での提供は通常あり得ない価格と言えるでしょう。

インターネット購入でも、領収書の発行は可能でしょうか?

領収書がご入用の場合は、購入後にお問い合わせ下さい。
ご入金確認が出来次第発行しお送り致します。

まずは球速アップする為の正しい知識を身に付けて、無理な計画を
することなく、じっくりとトレーニングに取り組みましょう。

スポーツお勧めサイト

中原 雄のバスケットボール鉄板技 超実戦テクニックのレビューサイト
NBA解説者 中原 雄の中学生に教えるバスケットボール鉄板技~パス・ドリブル・シュート超絶実戦テクニックのレビューサイトです。
柔道上達革命DVD 田口教継 練習法 技のコツ
子供や初心者の指導に定評がある柔道家の田口教継監修の体が小さい、力が弱い子供でも勝てる上達法!柔道上達革命DVDの練習法や技のコツ、口コミなどの情報をお伝えしています。