中学生のピッチャーは120キロ台の球速を目指そう

将来を見据えた指導を!
森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、中学生で120キロ台、そして、高校で140キロ台まで球速を引き上げることが出来る、プロが実践するトレーニング方法になっています。

pitching66

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

中学生時代には120キロ台の球速を目指すと良いですね。
コーチや親御さんは、その頃に小さくまとめるとはせずに、中学野球、更には高校、大学、プロにも挑戦できるように、上の世代を見据えた指導をすることが大切だと思うのです。

 

では、何故、スピードか必要なのでしょうか?
それはプロ野球のスカウトも必ずといっていいほど、スピードガンを持って、アマチュアのピッチャーをチェツクしているからです。

 

また、高校野球の強豪校の監督もスピードのある投手を欲しがっていることが殆どです。
つまり、上で活躍するにはスピードは絶対条件とも言えるのです。
そして、高校では140キロを目標にしましょう。

 

その為には、その下地を中学生時代に作る必要があり、120キロ台が出れば、高校で140キロ台が出る可能性が十分にあります。
実際に高校でストレートが速いピッチャーの殆どは、中学時代に出しています。

 

ですが、単に速いだけではダメ!
大事なのは初速と終速の差が少ないことです。いくらスピードガンではスピードがあっても上でやるのは厳しくなるからです。

 

それには、まずは肘のしなりを使えることが欠かせないでしょう。
それがなければ速い球は投げれません。

 

それには、肘よりも高く上げてなるべく高いフライを上げる練習をすると良いです。
と言うのも、肘のしなりを使わなければ高いフライを投げることが出来ないからです。

 

また、この時には塁間くらいの長さで上げるようにすれば良いと思います。
これなら相手がいなくても一人でも出来るので、肘のしなりを意識して取り組んでみましょう。

投手に必要な全てを強化&改善し、球速を140km/hレベルにまで引き上げます。

球速アップは自分に合った正しいフォームから

正しいフォームは球速アップに繋がる
森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、球速が最低でも 10km/hアップする自分に合った理想的な正しいピッチングフォームを作る ことが出来ます。 pitching40  ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

野球のピッチングフォームは人によって様々でね。
また、正しいフォームもその人の骨格や筋力の強さ、更には体の柔軟性などに
よって変わってきます。

 

その為、自分にあった形を身につけることが大切です。
そうすれば、怪我をしにくくなったり、投球も安定してうるようになりますし、
その際の動作に関連する筋肉も発達すしてきます。

 

練習するほどフォームも固まり、強い力で腕を振れるようになることで、前への
体重移動と腰の回転で作った力を無駄なくボールに伝えられるようになり球速が
アップするのです。

 

ピンチで頼りになるのは、持っているボールのスピードとそれを生かす変化球に
つきると思います。
この2つがあってこそ、バッターはボールに差し込まれたり、迷ったりするのです。

 

何より、球速やキレが増してくれば、空振りを取ることが出来るようになり、得点を
許さない絶対的なエースに成長することが出来るのです。

 

M年齢や筋力に差があるので一概に数字は決められませんが、フォーム改造後にプラス
10km/hを目標とすれば、フォームの完成度はもちろん、チームや他のピッチャーと
比べた中でも抜きに出た存在になれる筈です。

 

常に強くて速いボールが投げられるようになれば、試合に出場する機会もぐっと増え、更にレベルアップすることが出来ます。

 

そして速いボールを安定して投げられるようになるには、フォームをしっかり固める
ことが大切です。
また、スタミナも必要になるでしょう。

 

どんな状況でも同じフォームで投げられるように意識することで、ピッチャーとしての
完成度も高くなってきます。

信頼と実績の累計販売本数1万本突破キャンペーン中!

球速のあるキレの良いボールを投げるには?

球速アップさせるコツをお教えします!
森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、腕の振りの速さ、腰の回転、
体のしなり、踏み出しの強さなど、球速アップする為に必要な全てを強化、改善出来ます。

pitching23

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

野球の試合で、球速のあるキレのあるボールが投げることが出来ていますか?
スピードボールといっても、外から見た感じとバッター自身が感じるスピードというのは
微妙に違うものですね。

 

ただ、ピッチャーにとっては、バッターが速いと感じてこそスピードボールと言えます。
これは見た目以上にバッターの手元で伸びる、いわゆるキレの良いボールのことです。

 

それには、ボールを浅く軽く握ることが大切になります。
そうすることで、指と手首、更には腕もスムーズに動き、リリースする瞬間に指に強い力を
かけることでボールに強い縦回転がかけられます。

 

更に、下半身をしっかり使って、腕をムチのようにしならせて振って投げれば、ボールに
バックスピーンが多く掛かりホップして、ホームプレートの手前からキャッチャーミットに
向かって、そこからスーッと速くなるのです。

 

いずれにいしても、球速をアップさせるコツは、下半身主導でしつかり腕を振ることです。
右ピッチャーなら、ステップした左足に体重を乗せ、下半身手動で引っ張ってきた上半身を
前方に移動させることです。

 

そして、左肘が後ろに引かれ、グラブが胸についているくらいにし、肩、肘、手首の順番で
ムチがしなるように振られた右腕は、最後までそのまましっかりフォロースルーします。

 

また、ステップして踏み込んだ足の幅は個人差がありますが、プロのピッチャーの平均で
6足半と言われています。
ですが、身長などによっても違ってくるので、自分の一番の踏み込みの強さが得られる
位置を見つけることが大切です。

 

広すぎると重心が前に移動しにくくなりますし、逆に狭すぎると上体が起き上がるように
なってしまいます。

 

この時に、軸足とキャッチャーを結んだ延長線上にステップは踏み出しますが、着地する際に、
スパイクの指先を内側に向けることで、体の開きを止めることができ、腰の回転が強くなり
ます。

 

このスパイクの指先の開きに注意するだけでも、球速やコントロールも違ってくるでしょう。

 

信頼と実績の累計販売本数1万本突破キャンペーン中!

速い球が投げれない時に見直すべき腕の振り

肩周りの筋力を強化しよう!
森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、今より球速がアップすることで
バッターになかなか打たれないようになれます。

pitching22

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

ストレートは速いほどバッターは投球のコースの見極める時間が少なくなり、それだけ予測が
難しくなるので、打たれにくくなりますね。

 

野球のレベルにもよりますが、中学生なら時速120km、高校生なら時速130km、
大学生や社会人なら時速140km以上の速球が投げられれば、ど真ん中のストライクでも
そう簡単に打てないでしょう。

 

そんなこともあり、ピッチャーなら誰しも球速をアップさせたいと思うものです。
そして、やはり速い球を投げる人は、明らかに腕を強く、速く振り回していますね。

 

ですが、腕の振り方が悪いと、せっかく体で生み出した力をロスしてしまい、ボールに上手く
伝えられなくなってしまいます。
また、腕を棒のように使うのではなく、肩、肘、手首、指先という順に腕を大きく振ることが
大切です。

 

その為には、ボールを持っている手が最後に振られていくような意識を持って投げるように
するとしょう。
ただ、気を付けなければいけないのは、肘はバックスイングの時に、肩と同じ高さまで上げる
必要があります。

 

肘を上げるには、手の甲を上向きにしておくことが重要になり、そうすることでおのずと
肘が高く上がり、バックスイングが大きくなりますし、手首の返し(スナップ)も強くきき、
伸びのある威力のある速球が投げることが出来るようになれます。

 

なお、腕を振り回す支点になっているのは肩ですが、腕立てなどのトレーニングだけでは、
偏った筋肉しか付きません。

 

この肩周りを、森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムでバランス良く鍛える
ことで、ピッチャーとして欠かすことのできない強い肩を作ることができ、腕を強く、速く
振り回しても怪我を起こしにくくなるでしょう。

ピッチャーに必要な体幹の筋肉を鍛えよう!

速いボールを投げるピッチャーに共通した大きくて強い筋肉とは?
森部昌弘のピッチングスピードアッププログラムDVDは、効率よく体幹部や股関節を強化する トレーニングも分かるので、ぶれることのないしっかりとした体の軸を手に入れて、短期間で 制球力があり、バッターの手元でグッと伸びる速い球が投げられるようになれます。

pitching20

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

野球のピッチャーに必要な筋肉をご存じですか?
そもそもピッチングフォームは、全身を使った躍動感のある大きな動作です。

 

しかも、ピッチャーマウのは傾斜があるなかで、前へと体重移動する動きになることから
バランスも崩しやすいものです。
その為、安定した動作を身体の行うには、体の軸をしっかり保ってことが大切になってく
るのです。

 

その際に効果を発揮するのが体幹の筋肉なんですね。
そして、胴体部に含まれる筋肉をまとめて体幹と呼びますが、ここが強くなれば不安定な
体勢になっても身体の軸が保てるようになるんです。

 

というのも、運動には必ず上下、前後、左右といった具合に回転軸というのがあり、
ピッチングで必要な部分というのは、この場合、体をねじるという上下軸なんです。
これがぶれると力が分散されてしまい、速い球、剛速球は投げられません。

 

ですが体の軸がしっかり安定すれば、投球時の下半身の力を上半身にスムーズに伝える
ことができ、ボールの球速もアップするなど、ピッチングの鮮度が大幅に上がるのです。

 

特に、下半身の股関節周辺の筋肉(インナーマッスル)は、球速アップに不可欠な筋肉なので、
日頃の地道なトレーニングが必要になります。
実際にプロ野球はもちろん、高校でドラフト指名されるようなピッチャーは判で押したように、
この筋肉が大きく強いものです。

 

そして、速いボールを投げるピッチャーは、筋肉がもりもりというよりは、陸上の短距離選手
のように目に見えにくい瞬発力にたけた股関節内のインナーマッスルなどが強化されています。
そのほうが明らかに速いボールを投げられます。

 

とは言え、ピッチャーは長いイニングを投げないといけないこともあり、長距離選手のような
スタミナも必要となるので、投球フォームを維持する為にもバランス良く鍛えることです。

 

どちらにしても、投球時に片足立ちなどのアンバランスな状態でもフォームを維持する為には、
体幹を鍛えなければいけません。

効率的に体幹部を強化するトレーニングをお教えします!

グラブを持つ腕の動きで球速アップ

森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、しっかり取り組むことで
短期間で球速をアップして、惨敗のピッチャーからチームのエースとして活躍することも
夢ではありません。

pitcher4

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

ピッチャーが追い求めるのはやはり、スピードですよね。
そして、グラブを持つ腕の動きも球速アップに大きく影響を与えます。

 

ピツチングで良く言われることに、グラブを持つ腕がリードすると言われるように、
右投手なら、左腕のグラブを持った腕の引き具合が重要になってきます。

 

両方の左右の腕は、基本的には連動して動くので、左右の肘を肩のラインより下にならない
ようにして、そこからグラブを持つ左腕を自分の体に巻き込む感じで腰の近くにグラブを
引いていくようにします。

 

つまり、腰の近くまでグラブが巻き込まれていく間に何とも言えない微妙な間合いができ、
右投手の場合ならグラブを持った左腕の引きで、ボールをリリースするタイミングを合わせ
やすくなりますし、瞬間的に発揮できる手や足のバネの力なども出て来て、リリースのパワー
がアップしてくるのです。

 

これが球速アップにも繋がるんですね。
そして、自分にとって今投げられる最高の速い球を目指して、目いっぱい努力することが大切
です。

 

実際に自分の投げた球にバッターが空振りをするというのは、ピツチャーにとっての醍醐味で、
誰もが憧れるものです。
その面白さや楽しさは、言葉では言い表せられないくらいの特別なものです。

 

ですので、小学生や中学生のうちはコントロールはあまり気にせずに、とにかくスピードを
磨きましょう。
なお、瞬間的に爆発的パワーを生み出すには、基本トレーニングが不可欠です。
どんな人でも、正しいやり方であれば確実に球速はアップします。

 

しかし、実は、これにブレーキをかけてしまうものが2つあるんです。
この2つを知ることで、トレーニングの効果が最大限に生かされます。
これで球速に伸び悩むこともなくなるでしょう。

球速アップにブレーキをかけてしまう2つの原因をお教えします。

股関節を上手く使って球速アップ

股関節を上手く使って投げていますか?

pitching16

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

股関節を上手く使って投げていますか?
ピッチャーがプレートを踏んだ位置から、実際に投げる時は前に足を踏み出しますが、速いボールを投げるには、股関節を使い足のステップを大きく踏み込んで、体重移動をしっかりすることが大切です。

 

その為、右投手なら、左足をしっかり大きく踏み込むことで威力のある速いボールが投げられ、股関節に体重を乗せるように意識して投げましょう。
ですが、それが出来ずに股関節の動きが小さくなり、踏み込んだ足がつっぱるようになると球速のある威力のあるボールは投げられません。

 

実際に、試合で疲れてきて踏み込みが小さくなれば、ボールのスピードも落ちてくるものです。
そして、投球時の踏み込みのステップの幅は個人差もありますが、自分の足の5足分を目安に踏み込むようにすれば良いでしょう。

 

そして、大きく踏み込むには、股関節の柔軟性が大切になってくるので、日頃から股関節を柔らかくするストレッチなどのトレーニングを行うことが欠かせません。

 

ランニングなどで体があたたまったら、長座の体勢になって後ろかゆっくり押してもらって太ももの裏側を伸ばしたり、足を大きく開いて左右の方向に押してもらい、太ももの横側を伸ばす。

 

また、足の裏を合わせて、開いた両膝を押してもらい股関節の伸ばすなどのストレッチを反動をつけないようにして、じっくり筋肉を伸ばすことが大切です。

 

股関節の動きを改善すれば、ストライド(歩幅)を自然に、そして柔軟に広げることができるようになり、キャッチャーまでの距離を短くできるということに繋がり、バッターが手元で球がグッと伸びるということにも関わってくるのでかなり重要でしょう。

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

 

球速をアップするトレーニング

野球のピッチャーにとって誰しもが憧れるのが速いボールを投げることですね。
バッターにとって一番打つのが難しいと言われているのがストレートです。

pitching16

 

バッターにとって球速があり、ボールに切れのあるストレートが最も打ちづらいのです。
変化球はどんなに凄いと言われる球でも、それさえ狙っていれば打てます。

 

ですが狙っていても、切れのいい球速のあるストレートが来たら空振りをして
しまうでしょう。
これはプロ野球選手でも同じです。

 

球速のある切れのある速いボールはタイミングを合わせたつもりでも、手元で
差し込まれてしまいます。

 

そして、野球を始める時期はそれぞれですが、殆どの人は小学生の頃から始めます。
この時期は体の成長期でもあるので、球速をアップする為の間違ったトレーニングを
してしまうと怪我や故障を起こしてしまいます。

 

中でも多いのが、肩や肘です。
ですが、正しい知識を学び、効果的なトレーニングを行えば球速もアップし、
怪我や故障も防ぐことが出来ます。

 

その為には、柔軟性や瞬発力、力強い理想的な体、そして、投手として長く
活躍する為の怪我をしにくい体を作る必要があります。
ひたすら走り込んだり、ウエイトトレーニングをこなすなど、オーバーワークを
させたり、筋肉が大きくなるだけでは意味がないんです。

 

大事なのは、ピッチングしながらだったり、トレーニングしながら、どこを鍛えて
いるのか、どうしたらもっと鍛えられるのか、と考えながら練習するようにしましょう。

ピッチャーに必要な全てを強化&改善し、球速を140km/hレベルにまで引き上げるトレーニング方法。

肩の強化で球速アップ

ピッチャーが球速のあるボールを投げるには肩と下半身の強化、更には握力、ボールを
離す瞬間であるリリース時の強い指の力が必要になります。

pitching19

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

では、それぞれどのように強化していけば、速いボールが投げられるようになれるので
しょうか?

 

例えば、上腕と肩の筋肉を強化するには、最も手ごろで簡単に出来るのが腕立て伏せです。
大リーグでは肩が強いことを腕が強いと言われるように、腕が強く振れるようになることが
しいては球速アップに繋がるからです。

 

また、遠投などをするのも肩の強化に繋がります。
速いボールを投げるには、滑らかに大きく肩を回転させる必要があるからです。

 

とは言っても、毎日のように遠投ばかりしていては、肩を壊しかねないので、次の練習まで
肩を休められるように日曜日などに行うと良いでしょう。
遠投をすることで、どれだけ肩が強くなったかも分かりますね。

 

更に、肩甲骨など肩の関節お強化も欠かせません。
自宅でお金をかけずに行うには、ダンベルなど使って行うと良いでしょう。
ペットボトルに砂を入れたくらいの重さのダンベルで、大きく肩を回転させたり、上下に
肩を動かすようにします。

 

こうすることで、肩関節の強化はもちろん、柔軟にして可動域も大きくなります。
そして、握力強化は、軟式のテニスボールを使ったり、入浴時のお湯の中で手を握ったり、
開いたりを50回から100回程度を目安に行うと効果的です。

プロ野球選手、有力実業団、大学、高校のチームや個人等、多数実践!投手のしなやかな強い体つくり、潜在能力を引き出す森部昌弘のピッチングスピードアッププログラム(トレーニング)で球速・コントロールアップ、柔軟で強い肩に

胸を張ることで威力(球速)がアップ

トレーニング次第で更に球速をアップすることが出来ます!
森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、球速をアップする肩甲骨や
脊柱の動きを改善するトレーニングをすることで、よりパワーが生まれ威力のある球速の
あるスピードボールが投げられるようになります。

pitching18

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

球速のある威力のあるスピードボールを投げて、バッターから三振をとるということは、
ピッチャーにとって憧れですよね。

 

かといって力任せで投げても威力のあるボールは投げられません。
大事なのは正しい体の使い方をすることで、球速のある威力おあるスピードボールも投げ
られるのです。

 

そして、一番大事なのが下半身です。大きくしっかり踏み込んで体重移動をすることで、
力強いパワーをボールに与えることが出来ます。
上体だけで投げようとすると、いわゆる手投げになってしまい、パワーを生み出すことが
できません。

 

また、ボールの威力を発揮させるには、投げる時に胸を張ることも大切です。
ボールをグラブから出す時に、グラブは前に出し、そして腕の振りと共に、今度は
胸の方に引き寄せて行きますね。

 

つまり、この逆方向への働く力を利用するのにタメをつくるのです。
クラブのある方の肩を後ろに持っていく時に、直ぐにボールを持っている方の肩を回して
しまうとタメを作ることが出来ません。

 

その為、ここでグラブを引き過ぎてしまうとボールに勢いがつかなくなるので、グラブを
引き寄せた時に固定して、直ぐに後ろの肩を前に回していかずに残して、胸を張るように
することでタメを作ることができ、パワーが生まれます。

 

なお、肘や肩が張ったりする人は、肩甲骨(けんこうこつ)が滑らかに動いていません。
この骨の動く範囲を広げ、柔軟にするトレーニングをすることで、ブレーキがかからず
滑らかなピッチングができるようになり、ダメージが蓄積して肩を壊してしまうような
心配がなくなります。

 

また、肩甲骨と同じように、脊柱(せきちゅう)の動きを改善させることで、ピッチング
パフォーマンスを高めるのに有効なリーチの長さを稼ぐことができますし、より体がしなる
ようになるという大きなメリットもあるので、この機会にトレーニングして見ると更に
球速アップに繋がるので、参考にしてみてください!

しなやかな体を作り、潜在能力を引き出すトレーニング

スポーツお勧めサイト

中原 雄のバスケットボール鉄板技 超実戦テクニックのレビューサイト
NBA解説者 中原 雄の中学生に教えるバスケットボール鉄板技~パス・ドリブル・シュート超絶実戦テクニックのレビューサイトです。
柔道上達革命DVD 田口教継 練習法 技のコツ
子供や初心者の指導に定評がある柔道家の田口教継監修の体が小さい、力が弱い子供でも勝てる上達法!柔道上達革命DVDの練習法や技のコツ、口コミなどの情報をお伝えしています。