球速をアップする指の力を強化する方法

森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、球速をアップする肉体の
土台作りから始まり、各トレーニングで鍛えられる全てが、最終的に上手い具合に
生かされるようプログラムしてあります。

pitching17

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

球速のあるボールを投げるには指の力も必要ですね。
そして、速い球を投げるには、指をボールの縫い目にしっかりかけて多くの回転を掛ける
ようにします。

 

速い球を投げる人は、腕が良く振れており、ボールを離す瞬間であるリリースポイントで
ボールにかけている上の指と親指がぶっかって音がするくらいなんですね。

 

ボールに回転を多くかけるは、ボールの握り方も大切です。手の平で深く強く握ってしまうと
手首が固くなって回転が掛からず棒球になりやすいので、6分くらいの力でボールを握って
親指と人差し指の間にボールペンが1本入るくらいの隙間が出来るくらいにすると丁度いいと
思います。

 

また、指の力を強化するには、机などの厚い板状のものに、親指は下にして、人差し指と
中指を板の上に置いて、それを強く握って上と下の指がぶつかるまで手前に引くようにすると
指の力を強化できます。

 

ですが、必ずしも指の力が強いからといって速球投手になれるとは限りません。
あくまで最終的には体の各部分が上手くかみ合ってはじめて速い球が投げられるように
なり、球速がアップするのです。

 

ピッチングは下半身から動き始めて、ボールを離すまで全身を使うので、下半身強化は
もちろん、体幹、肩、指の力など、トータル的に各トレーニングで鍛える必要があります。

 

また、全身をいかに連動させて滑らかな動きを作るかということも球速をアップさせるには
大切になり、肩甲骨や脊柱、股関節などの動きを改善させるトレーニングも欠かせません。

 

球速を飛躍的にアップする目から鱗のトレーニング法!

コメントを残す