球速をアップするトレーニング

野球のピッチャーにとって誰しもが憧れるのが速いボールを投げることですね。
バッターにとって一番打つのが難しいと言われているのがストレートです。

pitching16

 

バッターにとって球速があり、ボールに切れのあるストレートが最も打ちづらいのです。
変化球はどんなに凄いと言われる球でも、それさえ狙っていれば打てます。

 

ですが狙っていても、切れのいい球速のあるストレートが来たら空振りをして
しまうでしょう。
これはプロ野球選手でも同じです。

 

球速のある切れのある速いボールはタイミングを合わせたつもりでも、手元で
差し込まれてしまいます。

 

そして、野球を始める時期はそれぞれですが、殆どの人は小学生の頃から始めます。
この時期は体の成長期でもあるので、球速をアップする為の間違ったトレーニングを
してしまうと怪我や故障を起こしてしまいます。

 

中でも多いのが、肩や肘です。
ですが、正しい知識を学び、効果的なトレーニングを行えば球速もアップし、
怪我や故障も防ぐことが出来ます。

 

その為には、柔軟性や瞬発力、力強い理想的な体、そして、投手として長く
活躍する為の怪我をしにくい体を作る必要があります。
ひたすら走り込んだり、ウエイトトレーニングをこなすなど、オーバーワークを
させたり、筋肉が大きくなるだけでは意味がないんです。

 

大事なのは、ピッチングしながらだったり、トレーニングしながら、どこを鍛えて
いるのか、どうしたらもっと鍛えられるのか、と考えながら練習するようにしましょう。

ピッチャーに必要な全てを強化&改善し、球速を140km/hレベルにまで引き上げるトレーニング方法。

コメントを残す