球速のあるキレの良いボールを投げるには?

球速アップさせるコツをお教えします!
森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、腕の振りの速さ、腰の回転、
体のしなり、踏み出しの強さなど、球速アップする為に必要な全てを強化、改善出来ます。

pitching23

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

野球の試合で、球速のあるキレのあるボールが投げることが出来ていますか?
スピードボールといっても、外から見た感じとバッター自身が感じるスピードというのは
微妙に違うものですね。

 

ただ、ピッチャーにとっては、バッターが速いと感じてこそスピードボールと言えます。
これは見た目以上にバッターの手元で伸びる、いわゆるキレの良いボールのことです。

 

それには、ボールを浅く軽く握ることが大切になります。
そうすることで、指と手首、更には腕もスムーズに動き、リリースする瞬間に指に強い力を
かけることでボールに強い縦回転がかけられます。

 

更に、下半身をしっかり使って、腕をムチのようにしならせて振って投げれば、ボールに
バックスピーンが多く掛かりホップして、ホームプレートの手前からキャッチャーミットに
向かって、そこからスーッと速くなるのです。

 

いずれにいしても、球速をアップさせるコツは、下半身主導でしつかり腕を振ることです。
右ピッチャーなら、ステップした左足に体重を乗せ、下半身手動で引っ張ってきた上半身を
前方に移動させることです。

 

そして、左肘が後ろに引かれ、グラブが胸についているくらいにし、肩、肘、手首の順番で
ムチがしなるように振られた右腕は、最後までそのまましっかりフォロースルーします。

 

また、ステップして踏み込んだ足の幅は個人差がありますが、プロのピッチャーの平均で
6足半と言われています。
ですが、身長などによっても違ってくるので、自分の一番の踏み込みの強さが得られる
位置を見つけることが大切です。

 

広すぎると重心が前に移動しにくくなりますし、逆に狭すぎると上体が起き上がるように
なってしまいます。

 

この時に、軸足とキャッチャーを結んだ延長線上にステップは踏み出しますが、着地する際に、
スパイクの指先を内側に向けることで、体の開きを止めることができ、腰の回転が強くなり
ます。

 

このスパイクの指先の開きに注意するだけでも、球速やコントロールも違ってくるでしょう。

 

信頼と実績の累計販売本数1万本突破キャンペーン中!

コメントを残す