中学生のピッチャーは120キロ台の球速を目指そう

将来を見据えた指導を!
森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、中学生で120キロ台、そして、高校で140キロ台まで球速を引き上げることが出来る、プロが実践するトレーニング方法になっています。

pitching66

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

中学生時代には120キロ台の球速を目指すと良いですね。
コーチや親御さんは、その頃に小さくまとめるとはせずに、中学野球、更には高校、大学、プロにも挑戦できるように、上の世代を見据えた指導をすることが大切だと思うのです。

 

では、何故、スピードか必要なのでしょうか?
それはプロ野球のスカウトも必ずといっていいほど、スピードガンを持って、アマチュアのピッチャーをチェツクしているからです。

 

また、高校野球の強豪校の監督もスピードのある投手を欲しがっていることが殆どです。
つまり、上で活躍するにはスピードは絶対条件とも言えるのです。
そして、高校では140キロを目標にしましょう。

 

その為には、その下地を中学生時代に作る必要があり、120キロ台が出れば、高校で140キロ台が出る可能性が十分にあります。
実際に高校でストレートが速いピッチャーの殆どは、中学時代に出しています。

 

ですが、単に速いだけではダメ!
大事なのは初速と終速の差が少ないことです。いくらスピードガンではスピードがあっても上でやるのは厳しくなるからです。

 

それには、まずは肘のしなりを使えることが欠かせないでしょう。
それがなければ速い球は投げれません。

 

それには、肘よりも高く上げてなるべく高いフライを上げる練習をすると良いです。
と言うのも、肘のしなりを使わなければ高いフライを投げることが出来ないからです。

 

また、この時には塁間くらいの長さで上げるようにすれば良いと思います。
これなら相手がいなくても一人でも出来るので、肘のしなりを意識して取り組んでみましょう。

投手に必要な全てを強化&改善し、球速を140km/hレベルにまで引き上げます。

コメントを残す