ピッチャーに必要な体幹の筋肉を鍛えよう!

速いボールを投げるピッチャーに共通した大きくて強い筋肉とは?
森部昌弘のピッチングスピードアッププログラムDVDは、効率よく体幹部や股関節を強化する トレーニングも分かるので、ぶれることのないしっかりとした体の軸を手に入れて、短期間で 制球力があり、バッターの手元でグッと伸びる速い球が投げられるようになれます。

pitching20

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

野球のピッチャーに必要な筋肉をご存じですか?
そもそもピッチングフォームは、全身を使った躍動感のある大きな動作です。

 

しかも、ピッチャーマウのは傾斜があるなかで、前へと体重移動する動きになることから
バランスも崩しやすいものです。
その為、安定した動作を身体の行うには、体の軸をしっかり保ってことが大切になってく
るのです。

 

その際に効果を発揮するのが体幹の筋肉なんですね。
そして、胴体部に含まれる筋肉をまとめて体幹と呼びますが、ここが強くなれば不安定な
体勢になっても身体の軸が保てるようになるんです。

 

というのも、運動には必ず上下、前後、左右といった具合に回転軸というのがあり、
ピッチングで必要な部分というのは、この場合、体をねじるという上下軸なんです。
これがぶれると力が分散されてしまい、速い球、剛速球は投げられません。

 

ですが体の軸がしっかり安定すれば、投球時の下半身の力を上半身にスムーズに伝える
ことができ、ボールの球速もアップするなど、ピッチングの鮮度が大幅に上がるのです。

 

特に、下半身の股関節周辺の筋肉(インナーマッスル)は、球速アップに不可欠な筋肉なので、
日頃の地道なトレーニングが必要になります。
実際にプロ野球はもちろん、高校でドラフト指名されるようなピッチャーは判で押したように、
この筋肉が大きく強いものです。

 

そして、速いボールを投げるピッチャーは、筋肉がもりもりというよりは、陸上の短距離選手
のように目に見えにくい瞬発力にたけた股関節内のインナーマッスルなどが強化されています。
そのほうが明らかに速いボールを投げられます。

 

とは言え、ピッチャーは長いイニングを投げないといけないこともあり、長距離選手のような
スタミナも必要となるので、投球フォームを維持する為にもバランス良く鍛えることです。

 

どちらにしても、投球時に片足立ちなどのアンバランスな状態でもフォームを維持する為には、
体幹を鍛えなければいけません。

効率的に体幹部を強化するトレーニングをお教えします!