胸を張ることで威力(球速)がアップ

トレーニング次第で更に球速をアップすることが出来ます!
森部昌弘さんのピッチングスピードアッププログラムDVDは、球速をアップする肩甲骨や
脊柱の動きを改善するトレーニングをすることで、よりパワーが生まれ威力のある球速の
あるスピードボールが投げられるようになります。

pitching18

 ピッチングスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

球速のある威力のあるスピードボールを投げて、バッターから三振をとるということは、
ピッチャーにとって憧れですよね。

 

かといって力任せで投げても威力のあるボールは投げられません。
大事なのは正しい体の使い方をすることで、球速のある威力おあるスピードボールも投げ
られるのです。

 

そして、一番大事なのが下半身です。大きくしっかり踏み込んで体重移動をすることで、
力強いパワーをボールに与えることが出来ます。
上体だけで投げようとすると、いわゆる手投げになってしまい、パワーを生み出すことが
できません。

 

また、ボールの威力を発揮させるには、投げる時に胸を張ることも大切です。
ボールをグラブから出す時に、グラブは前に出し、そして腕の振りと共に、今度は
胸の方に引き寄せて行きますね。

 

つまり、この逆方向への働く力を利用するのにタメをつくるのです。
クラブのある方の肩を後ろに持っていく時に、直ぐにボールを持っている方の肩を回して
しまうとタメを作ることが出来ません。

 

その為、ここでグラブを引き過ぎてしまうとボールに勢いがつかなくなるので、グラブを
引き寄せた時に固定して、直ぐに後ろの肩を前に回していかずに残して、胸を張るように
することでタメを作ることができ、パワーが生まれます。

 

なお、肘や肩が張ったりする人は、肩甲骨(けんこうこつ)が滑らかに動いていません。
この骨の動く範囲を広げ、柔軟にするトレーニングをすることで、ブレーキがかからず
滑らかなピッチングができるようになり、ダメージが蓄積して肩を壊してしまうような
心配がなくなります。

 

また、肩甲骨と同じように、脊柱(せきちゅう)の動きを改善させることで、ピッチング
パフォーマンスを高めるのに有効なリーチの長さを稼ぐことができますし、より体がしなる
ようになるという大きなメリットもあるので、この機会にトレーニングして見ると更に
球速アップに繋がるので、参考にしてみてください!

しなやかな体を作り、潜在能力を引き出すトレーニング